心の故郷
石鎚山
予定していたスケジュールが早く終わったこともあって、故郷へ墓参に出掛けた。

晴天の車窓から、西日本最高峰(1,982m)で日本百名山の一つでもある石鎚山を見つけると、もうそれだけで心は十分癒されているから不思議だ。
あの凛とした姿が、時には優しく時には厳しく、私の幼い頃の総てを見守ってくれていたような、そして今があると、勝手に想って一方的に慕っているのである。
この石槌山、結構広範囲から望めるから、同様の想いを抱いている人たちも多いのではないだろうか。
そして、久しぶりに望めた全景に、来年の希望を託した。
b0113424_0352052.jpg

[PR]
by kancyan7 | 2008-12-30 00:36


<< 丑年 こんなところにコマーシャル >>