サイクリング
心は春
”立春”の声を聞くと、心身ともに”春”のような気分になれるから不思議である。
部屋に差し込む日差しが急に穏やかで優しく感じられて、なんだか嬉しい気分になった。
日本の四季を、それぞれの季節に魅力を感じながら過ごしているはずなのに、”あの雪景色は素敵!”なんて...。
待ち望んで迎えたはずの”冬”だったのに。
毎年のことだがこの時期になると、薄情だがどうしようもなく”春”が恋しくなる。

今日は終日穏やかで、予定していたことがことのほか捗ったこともあり、サイクリングを試みた。
最近、脚力の減退を感じていたからだ。
出発したのは午後3時過ぎ、この時期まだまだ夕方は寒くなるだろうと想定して帰着は4時30分頃とした。
途中、車では撮れない景観の魅力を堪能し、なお更に春の訪れを待ち遠しく思いながら、銀輪を楽しんだ。
b0113424_1092415.jpg

[PR]
by kancyan7 | 2009-02-05 09:19 | サイクリング


<< 小田川河口から 福ハ内 >>