初詣
金刀比羅宮 参拝

原油の高騰やサブプライム問題など諸問題が山積し、経済状況の先が読めないままのねずみ年の幕開けとなった。
しかし、我家の大蔵大臣としては対応にも限りがあることだし、いつもの性格も手伝って、「ええい、ままよっ!」と、今年も開き直ることにした。

そして、、比較的近い距離にある”こんぴらさん”へ、ウォーキングを兼ねた初詣に出掛けた。
大正12年に建てられた西欧ゴシック寺院風のJR琴平駅を降り、駅を背にして歩いていると、やがて右手に、日本一高い”高燈籠(1860年建立。高さ28m。)”が、”金刀比羅宮北神苑”と記した石標とともに目に飛び込んだ。
かつては、瀬戸内海を航行する船からも見えて、船人がこんぴらさんを拝む目標灯にもなっていたとか、当時の建造物の高さの程度や地形が想像できる話でもある。
その後、昼食に食べたうどん屋の女将から人ごみの少ない近道を教わり、金倉川に掛かる大宮橋手前を左折して、潮の匂いのような海苔の匂いのような香りに包まれながら、川端をそぞろ歩きして楽しんだ。
やがて、一ノ橋まで来ると左手に新町商店街が賑わい、そして右手の一ノ橋を渡ると、そこはもう”こんぴらさん”の参道、メーンストリートなのである。

b0113424_19463068.jpg
b0113424_1945465.jpg

b0113424_19472070.jpg
b0113424_19481793.jpg



[PR]
by kancyan7 | 2008-01-04 22:30


<< 初詣 生田神社 子年 >>